女の子を落とすのも時間の問題

女の子を落とすのも時間の問題

好意

 

ここまでくれば女の子を落とすのも時間の問題です。 彼氏彼女の扱いでも問題ありません。 しかしここでも女の子を放置すると簡単に好意レベルは下がってしまいます。
ここまでくれば人間的に引かれない限り押せば行けるでしょう。

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

相手の女の子もあなたと付き合いたいと思っているはずです。

 

ここまでが女の子の好意レベルの5段階です。 あなたが女の子からどのポジションに位置付けされているかで攻め方、落とし方さらにはメールの仕方から話し方まで変わってきます。

 

モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 モテない男がやってしまう間 違い

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

僕が今まで見てきたモテない男が必ずやってしまう間違いがあります。

アクションを起こす動機

まずモテない男のアクションを起こす動機が全て自分基準になっているという事です。 相手の基準を無視してしまっているんですね。

 

女の子のメールに対し すぐに返事を返す 5分後に返信 1時間後に返信 1日後に返信 返信しない
という無数の選択肢の中から 「すぐに返事を返す」という選択肢を 「自分の基準」で選んで返信してしまっているのです。

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

自己満足を満たすために行動しているんですね。
一方モテる男は相手の基準に合わせて行動します。

 

自分が早く返事が欲しいからすぐに返す ではなく、 ここで返事を返すと相手はどう思うだろう? ここで返事を遅く返せば相手はどう考えるだろう? など「どうやったら落ちるか」を考えて行動しています。

 

この違いが重要なので意識して行動しましょう。

 

水平展開 と垂直水平展開 と垂直水平展開
と垂直恋愛においてはあまり聞かない水平展開と垂直展開という言葉をお話させていただきます。

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

これはどういう事かと言うと、 女の子と付き合うには大きく分けて2種類の方法があります。
簡単に言うと

 

垂直展開→女の子を落とす技術を高める 水平展開→どんどん出会う数を増やす
垂直展開→質を重視 水平展開→量を重視 ということで

1つ目の垂直展開というのは

出会った女の子の「取りこぼし」を防ぐために、 自分の魅力を底上げする感覚です。
垂直展開はあなたの魅力を強化する事によって、 出会う女の子を落とす確率を高めていくという方法です。

 

例えば一年間に10人の女の子と出会う事が出来るとします。 今のあなたの魅力で女の子を落とせる確率は10%とします。

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

単純計算で一年間に女の子1人と付き合う事が出来ます。 この10%のあなたの魅力を30%まで上げる事により年間で3人と付き合う事が出来ます。
もしも落とせる確率が0%なのであったらこちらの垂直展開を、 せめて1%以上に引き上げる必要があります。

 

二つ目の水平展開ですが、

 

こちらは質より量を重視し、 とにかく女の子との出会いを増やす事を目的とします。 下手な鉄砲、数打ちゃ当たる戦法ですね。

 

先ほどのように女の子を落とせる確率が10%だったとします。 一年間で10人出会う事が出来るのであれば単純に1人彼女が出来るわけでしたね?
今度の水平展開は 出会う数の絶対数を増やすという事です。

 

女の子を落とすのも時間の問題

 

一年間で女の子と出会う数を30人に増やせば、 落とせる確率は10%なので年間3人と付き合える訳です。
ある程度女の子を落とせる実力がある場合は、 こちらの水平展開で女の子と出会う数を増やして経験を積んでいく事が大事です。

 

しかしどちらが大事ということではなく、 落とす確率を100%にした所で出会う数が0なら彼女はできません。
出会う数が年間で100人出会った所で落とせる確率が0%ならもちろん彼女は出来ません。

 

そしてこの二つは密接な関係にあり、 垂直展開すること、つまりあなたの魅力を底上げすることで、 次の出会う女の子のための余裕が出来ます。

リンク集